おっさんペダル in 堺

おサイフに優しい庶民派ロードで「健康サイクリング」

定年後の生き方 『孤独』という問題

◯ ひと息つこう!

気分的に仕事が昨日でひと段落。「ふ〜」っとひと息。帰りの駅で、ふと寄ってしまった鳥貴族。台風でお客さん少ないだろうからひとりでも大丈夫やろ、とフラリと寄ってしまった。自分に向けて、ひとりご苦労さん会。

f:id:Yassun:20171029202213j:image

ずーっと読みたかった本があって、金麦と焼き鳥を片手に貪るように読書。まるでスタバ感覚。

 

◯ 気になっていた本

どんな本が読みたかったかというと、これ!

f:id:Yassun:20171029202229j:image

『定年後』

結構マジメな本です。

仕事帰りにフラリと本屋に寄ったとき、いつも気になって、とうとう買っちゃいました。

『定年後の最大の問題は何か知っていますか?        ー 健康? お金? いいえ 「孤独 」です』

このキャッチフレーズ、ズバリ真実を突いてるなと思いました。

20万部、売れるはずです。

最近になって、『定年』を意識するようになりました。私は44歳。まだ先のようにも感じますが、いやいやそうでもない。

定年後で私が一番気になっているのは『人間関係』。職場の人間関係が定年後も続くかというと恐らく切れちゃうでしょう。定年が来る日は人それぞれ違いますし、住んでいるところは様々。定年によって特に男性は『家族に依存』するか、私のように独り身であれば『孤独』に陥る姿が容易に想像がつきます。その時はおっさんどころかお爺さん、ちやほやすることもなければされることもない。しかもお金はわずかな年金だけで金もない。これってかなりの『恐怖』を感じるんですが…。でもこれが直面する現実。私だけじゃなく、多くの人が陥るであろう現実です。このままじゃ晩年やばい!そう思いました。

 

◯ 友達づくり

この年齢になって友達づくりって大変ですよね。スポーツクラブに数年通いましたが、まったくできませんでした。行ったことのある人はわかると思いますが、会話しにくい雰囲気もありますし、運動はキツいので話す気分にもなれません。定年後の方もスポーツクラブに多くいますけど、その多くはおひとり様状態。みんなで集まってはいますが、会話もなく…。ますます『孤独』の現実を感じてしまいます。

数ヶ月前に始めた自転車。こちらはとっても素晴らしい。イベントに参加することが多いので、そこでいろんなお話ができます。趣味って不思議ですよね。初めて知り合った人でも、趣味が同じだと友達のようにすぐに仲良くなれます。

イベントでは年配の方も多くて、最初は年齢が離れてるので会話しても話が合わないやろってちょっと敬遠してました。でも趣味が同じだと楽しんで話せるんです。教えてもらえることが多いです。しかもそうやって趣味や地域活動してる人って、みなさん共通して『イキイキ』してます。この『イキイキ』が私の目指すところです。

この本は、定年を迎えた方の現実をちょっと垣間見ることができます。

『定年』までに、『今』準備しておくこと。

『地域』の人間関係などなど…

たくさんありますね〜。

 

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)