おっさんペダル in 堺

おサイフに優しい庶民派ロードで「健康サイクリング」

URアンバサダー 光明台団地『空室を撮影する際のポイント②』

前回、『空室を撮影する際のポイント』を公開したところ思いのほか好評でした。

isan.hatenablog.com

UR担当者のM崎さんからも、「写真撮影に苦戦しているアンバサダーさんのためにも続編をお願いします!」とリクエストがあり、「仕方ないな〜」じゃあ期待に応えて第2弾を公開!

撮影のポイントは『構図』と『明るさ』

私の場合、空室撮影で重要なポイントはたったふたつ。『構図』と『明るさ』です。『構図』については前回お伝えしたとおり『真っ直ぐ』撮ること。それに限ります。『真っ直ぐ』撮れれば構図はそれだけで美しくなります。あと足りないのは『明るさ』です。その補正方法を今回はご紹介します。たったこのふたつで写真が本当に美しくなります!

私はiPhoneを使って撮影していますので、iPhoneの補正方法をご紹介します。

①空室を撮影

f:id:Yassun:20180218212558j:image

撮影したばかりの写真はこのように暗い写真になってしまいます。

そこで、たったふたつ。『明るさ』と『ブリリアンス』の調整を行います。

②『明るさ』の調整

まず画像を開き、右上の「編集」をクリック

f:id:Yassun:20180218213440j:image

画面の周囲が黒くなり、矢印をクリック

f:id:Yassun:20180218213932j:image

ライトの矢印をクリック

f:id:Yassun:20180218214208j:image

『明るさ』をクリック

f:id:Yassun:20180218214515j:image

下の方をなぞるように左へドラッグ

気持ちいい明るさにします

f:id:Yassun:20180218214955j:image

決まったら矢印をクリック

f:id:Yassun:20180218215231j:image

これだけで十分美しくなりました

f:id:Yassun:20180218215459j:image

③『ブリリアンス』の調整

同じように編集から『ブリリアンス』をクリック

f:id:Yassun:20180218215824j:image

下の方をなぞるように左へドラッグ
気持ちいいコントラストにします

f:id:Yassun:20180218220149j:image

決まったら矢印をクリック

f:id:Yassun:20180218220642j:image

撮影当初の写真に比べて明るい雰囲気に変わりましたね

 f:id:Yassun:20180218221423j:image

   ⇩   ⇩   ⇩

f:id:Yassun:20180218221008j:image

空室写真を撮られる方は、枚数も多く大変なのでこの『明るさ』と『ブリリアンス』だけでも調整すれば、随分と美しい写真に生まれ変わります。ぜひ参考にしてみてください。