おっさんペダル in 堺

おサイフに優しい庶民派ロードで「健康サイクリング」

難波で『二郎系ラーメン』を食べくらべてみた

二郎系ラーメン

『二郎系ラーメン』って知っていますか?私はつい最近まで知りませんでした。どんなラーメンかというと『ドカ盛り系』ラーメンです。

そのルーツを辿ると『ラーメン二郎』にあるようです。東京都港区に本店を構える『ラーメン二郎』。ここのラーメン屋さんの特徴はモヤシをベースとした野菜にチャーシューを盛り、豚肉ベースの出汁に、醤油味のタレを加えて調整したスープ。麺は比較的太く、ごわごわした縮れ麺となっています。その味とボリュームが凄いことで有名になり、次々にのれん分けをしていったそうです。そうした直系以外にも、『ラーメン二郎』を真似るラーメン屋さんもあるとかで、こうしたお店を『二郎系ラーメン』と言うようです。

私が大阪難波で行ったのは『ラーメン男塾』と『マッチョ』です。

ラーメン男塾

f:id:Yassun:20180620185806j:image

この派手な看板。入るのに勇気がいります。
f:id:Yassun:20180620185737j:image

野菜の量は「ノーマル」「マシ」「マシマシ」から選びます。私が選んだのは「マシ」。すごい量です。麺までなかなか辿り着けません。通常はお粥も付いているのですが食べられませので注文しませんでした。
f:id:Yassun:20180620185730j:image

マッチョ
f:id:Yassun:20180620185802j:image

こちらは、豚をトリプル(3倍)にして野菜を「マシ」で注文。えらい量になってしまいました。結局、たくさん残す羽目に…。
f:id:Yassun:20180620185833j:image

総括

私は「ノーマル」じゃないとダメですね。量が凄すぎます。どちらも大変よく似ています。大きな違いとしてチャーシューの脂が多いのが男塾、少ないのがマッチョですかね。味は美味しかったのですが、どうしてもモヤシとチャーシュー、スープの色が同じようなので彩りが悪いのが難点。量が多いと、見ただけでお腹いっぱいになります。またチャーシューをいっぱい作っているせいか豚の匂いもすごいです。二郎系ラーメンに行くと必ず食べ過ぎで胃薬が必要になってしまいます。ぜひ、ガッツリ食べたい方は挑戦してみてください!『マシマシ』を。