おっさんペダル in 堺【Ⅱ】

おサイフに優しい庶民派ロードで「健康サイクリング」

iPhoneの電池交換 ロシアンルーレットの恐怖

最近ブログ書いてないな~と思いつつ、先日の台風で関空が水に浸かり韓国から帰ってこれなくなった彼女と娘。その後、数日経って名古屋経由で無事に帰って参りました。台風時の海外旅行には気をつけましょう。

それはさておき、今日はiPhoneの電池交換に行ってきました。

現在、Appleでは「iPhoneのバッテリー交換プログラム」が行われていて、通常8,800円(税抜)のバッテリー交換が12月末までなら、なんと3,200円(税抜)でしてもらえます。

f:id:Yassun:20180915233230j:plain

でも、なかなか予約を取るのが大変なんです~。

先日、やっとこさとれた予約で行ってみると、「AppleIDのパスワードを入力してください」ってなことになり…。「わからん…」。ということで帰る羽目に…。

そして、今回再挑戦です。

予約時間に行ってみると…。

順調に手続きが進んでいきます。

そして、担当スタッフが注意事項の説明を始めました。

担当「バッテリー交換の修理過程で、データが消去される可能性がありますがよろしいでしょうか?」

私「はい、バックアップとってるんで大丈夫です。」

担当「料金が3,456円かかり、お時間が15分から20分程かかりますがよろしいでしょうか?」

私「はい。大丈夫です。」

担当「あと、まれになんですが…。電池交換をした後、電源が入らなくなってしまうことがあるんですよ。」

私「はあ…。」

担当「その場合、修理代に4万円程必要になってしまいますがよろしいでしょうか?」

私「何ーっ?4万円??それをここにきて急に判断しろというのかっ…。」

私「壊れる確率は?」

担当「五分五分です。」

私「五分五分?・・・」

(それって不良品取り付けて壊れた場合でも俺がその過失を負うことにもなる訳で…。壊れたら、はい残念!4万円!ってまるでロシアンルーレットやん。とはいえバッテリーはもたんし…。いちかばちかに賭けるしかない…)

私「…わかりました。」

ということで終了が完了し、私のiPhoneは無事に電源が入って戻ってきました。ホッ。

それにしても、この制度、どーも納得がいかないんですけど…。

例えば難しい手術する時に、手術の危険性や副作用を納得した上でいちかばちかの手術をお願いする場合と同じなのか?

リスクは全て自己責任なのか?

でも、これなら多少料金を高くしてでも、万一壊れた場合にアフターフォローを入れてくれた方がみんな喜ぶと思うのですが…。

これからiPhoneの電池交換をされる方、ロシアンルーレットの恐怖が待っています…。

キャー‼︎