おっさんペダル in 堺【Ⅱ】

おサイフに優しい庶民派ロードで「健康サイクリング」

『経理業務の効率化』の本を書いてみようと思う

先日、ちょっと話題にした『セルフ出版』。

f:id:Yassun:20190301000920j:image

早速、いろいろイメージしながら本の構成を考えてみました。

「んっ、これでいこう!」

内容は『経理業務の効率化』についてです。まあ、これまでの経験を生かした内容で…。

イメージしやすいように、対話形式にしてみました。

冒頭部分だけ少しご紹介~。

---------------------

ここは小売業を営む「おっさんペダル株式会社」。

設立して以来、地域からの評判は上々でこの数年で店舗は拡大。

今では十数店舗を営む企業にまで成長した。 

しかし…

社長にはひとつの大きな悩みがあった。

それは…「経理」。

会社は年々拡大し、大きくなっているにも関わらず、どうも「経理」がしっくりこない。

そこで、先日紹介を受けたコンサルタントの先生に会ってみることにした。

 

社長「今日はわざわざ会社までお越し頂きありがとうございます。」

 

先生「いえいえ。御社は業績が好調なようでなによりです。」

 

社長「まあ、業績はお陰様で右肩上がりで増えているんですが、どうもすっきりしないことがありまして…」

 

先生「経理」ですか?

 

社長「そうなんです…」

 

先生「ほー。どんなことでお悩みですか?」

 

社長「知っての通りわが社は年々店舗を拡大し成長しているのですが、それに伴い経理に時間がかかって、数字をつかむのに苦労しているんです。経理担当者も頑張ってくれているのですが、「これ以上早くはできない」の一点張りで…。急がせると数字のミスが多くなり、正直困っているんです。」

 

 先生「それは大変ですね。経営するのに数字は今を知る羅針盤のようなものですから。」

 

 社長「必要であれば経理の人員を増やしたり、設備投資も考えるのですが、それが本当に必要なのか、判断にも迷っているんです。」

 

 先生「わかりました。一度、御社の経理を調査してみましょう。人員を増やしたり、設備投資をすることは、状況を見極めてからでも遅くはありません。まずは、工夫することで効率化できることがないか調べてみましょう。」

 

 社長「ありがとうございます。心強いです。よろしくお願いします。」

---------------------

ってな感じですかね。

それにしても、こりゃ完成するまで相当時間がかかりそうやっ。